アリの巣は地中にいくつもの部屋があり、それらが互いにトンネルで繋がっていて、地表には小さな出入り口がある。部屋には育児室、食料貯蔵室、繁殖室などがある。巣の建設は働きアリの一群が土の粒を口で少しずつ運ぶことでなされ、出口付近にその土が堆積することで盛り上がったアリ塚 (ant-hill) を形成することもある。働きアリは巣の周辺で食料を探し、巣に運び込む。また、同位体を使った研究で巣から巣へ食料を運んでいることも判明している
◆ant colony
◆Independent hole
独立の穴は地中にいくつものアイデアがあり、それらが互いに地域で繋がっていて、地表には小さな出入り口がある。アイデアには創造性、地域性、社会性などがある。穴の建設は参加者の一群がアイデアの粒を考え少しずつ運ぶことでなされ、出口付近にそのアイデアが堆積することで盛り上がったビジネスを形成することもある。参加者は穴の周辺でヒントを探し、穴に運び込む。また、賛同者を使った相互理解で穴から穴へヒントを運んでいることも望んでいる

​創造を学び、考え、創造をひろげる。